秋の間に高校受験の為にすること

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

秋の間に高校受験の為にすること

夏休みは、知識のかき入れ時と言われていますがそれを終え、二学期も中盤に差し掛かる頃には、

高校受験を控えた学生は、いよいよ志望校の検討をする時期がやってきます。単純に、自分の行きたい高校ですんなりとOKが出る人であれば問題はありません。しかし大半は、自分の行きたい学校と、これまでの模擬試験の偏差値と照らし合わせた結果を見て、

学校の先生や塾の講師から「それは難しいという判断下された場合」受験生は志望校の変更か、学力の大幅なアップを見せるか苦渋の決断を迫られます。

秋頃になると、志望校を選定しつつ、勉強法もより実践的にシフトしていく必要があります。

高校受験ならではの、“高校入試で良い点を取るテクニックなどを学ぶような勉強法”を確立して、これまでの勉強法とは違う勉強法を家庭教師でしていかなくてはなりません。

高校受験は、少しでも早く受験する高校を決めた方が、受験には有利になります。

特に偏差値の高い高校を受ける場合は、出題の傾向などにも気を配る必要があります。高校受験は、基本的な知識や学力を問うものですが、それだけで良い点数が取れるかというと、そうとは限りませんね。中には、秋以降に折角入りたい高校があるのなら、がむしゃらに勉強して、周りを納得させるような結果を残すという挑戦をし模擬の偏差値が大きく上がるという人もいます。

このように3年生の勉強法では、夏に克服できなかった弱点を見直し、大胆な勉強法を家庭教師で試みる事ができるのはこの時期だけです。そして、秋に行う勉強は、弱点の強化と知識の積み立てが主となってきます。

冬になると、もうそこまでは行えないでしょう。そうなると、秋は色々忙しい時期ですね。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 高校受験勉強法ガイド!Allrights reserved.