夏の間に高校受験の為にすること

高校受験勉強法ガイド!

スポンサーリンク

夏の間に高校受験の為にすること

「夏を制するものが高校受験を制する」そんな言葉が良く使われていますね。実際、高校受験を控えた受験生の夏(夏休み)は、大きく伸びる人と大きく落ち込む人の差が、はっきり分かれるので将来を大きく左右します。

高校受験を受ける受験生にとって、「この期間がどれだけ重要か?」は、学校の先生も塾の講師も家庭教師も、”ここで遊ぶ人は大きく差を付けられてしまう”とみんな口をすっぱくして言うかと思います。

夏休み中の誘惑は、平日の誘惑とでは比べものになりません。ただ、同時にこの時期は自主学習をしっかりする子にとっては、大きなチャンスでもあります。

高校の場合だと、補講と称して、夏休み中でも平日と同等かそれ以上の学習を学校でやらせるというパターンが多いようですが、

中学ではよほどの新学校以外はそこまではさせないようです。つまり、勉強法で自主学習の内容次第では、大きく他と差を付けることができるのです。

高校受験は5科目で行われる所が多いですが、例え一つの科目に弱点があると、大きく合計点数が落ちます。それを回避するための勉強法は、弱点対策や欠点対策を練る事は必須と言えます。

そして、同時に夏は復習に時間を割ける時期でもあります。また、2学期になってからは授業が現在進行形で行われるのに対し、自主学習は自分の確認しておきたいところに時間を取る事ができるのです。

そういった点を踏まえ、時期にあわせた勉強法を家庭教師で確立し、しっかり高校受験対策を施しましょう。

スポンサーリンク

高校受験勉強法ガイド!科目別に高校受験対策リンク集
家庭教師このサイトについて

2009 © 高校受験勉強法ガイド!Allrights reserved.